3.コンサルタントに相談

ここではアパート経営を行う上でコンサルタントに相談する重要性やメリットについて解説しています。

賃貸管理からプロパティマネジメントへ

一昔前までは大家さん(オーナー)というと入居者募集以外の管理業務はすべて自分で行なっていました。

ところが現在では賃貸管理に専門的知識が必要になってきたこととオーナーの業務負担軽減のために管理会社に委託するのが一般的です。

賃貸管理には建物・設備の管理と入居者管理の2つに大きく分かれます。

  • 建物・設備の管理
    建物本体の補修、設備の定期点検・修繕、定期清掃
  • 入居者管理
    入居者募集、賃貸借契約・更新、家賃回収、滞納者督促、トラブル対応

確かにこれだけのことをオーナーが行うのは難しく管理会社に委託するのは当然の流れでしょう。しかしアパート経営という観点から考えるとこれだけではまだ不十分です。

賃貸管理は現状を維持することはできますが、積極的に物件の付加価値を高めて収益をアップするという点が欠けているからです。オーナーとしてはアパート経営をもっと事業として考えることが必要なのです。

そこで最近では賃貸管理に経営機能を加えたプロパティマネジメントという考え方が注目されています。

プロパティマネジメントでは物件の収益価値を高めるために管理を行うだけではなく、故障はなくても時代に合った設備に交換したり、部屋をリノベーションするなどの計画・立案を行います。

そのためには不動産会社に賃貸管理の実績があり、経営的な考え方ができるコンサルタントがいることが重要になってきます。

コンサルタントの役割とメリット

コンサルタントの役割は管理業務+αだけでは終わりません。物件を購入する際も金融機関からの借入れするなどの資金調達、ローンの返済計画、アパート経営収支計画、税金対策などもアドバイスします。

これだけのことを行うには賃貸経営から税務関係まで幅広い知識が必要になるため、コンサルタントの力量がその後のアパート経営を大きく左右すると考えられます。

逆に考えればオーナーにとって優良なコンサルタントと相談することができれば安定したアパート経営が可能なるとも言えます。

これまでどんぶり勘定でリフォームも行わず空室ばかりというアパート経営者でもコンサルタントと相談することで確実に収益を上げることができるのです。

どのような事業でも永遠に順調ということはありません。アパート経営者としては時には重要な決断をしなければならないこともありますが、そんな時のコンサルタントの存在はとても大きなものになるでしょう。

物件購入後の管理・運営もサポートしてくれる不動産会社を紹介しています