アパート経営の極意を伝授

ここではアパート経営で失敗しないための極意について、重要なものをピックアップして紹介しています。

アパート経営に欠かせない重要なポイント

アパート経営で最初に注意したいのは、始めれば必ず成功するわけではないということです。投資や経営と言われるものはその人の手腕が問われますので、自分で考えて判断する習慣を身につけることが重要です。

その上でアパート経営に失敗しないために、どういったことに注意して何が必要なのかを挙げていきます。

立地条件・魅力度をチェック

立地の良さが重要な要素になることは誰もが認める点でしょう。駅から10分以内が適しているとはよく言われることですが、駅から離れていてもペット飼育可などマイナス要因をカバーできる魅力があれば大丈夫です。一面だけで考えるのではなく総合的に考えることが重要です。

建物の質にこだわる

最近、賃貸住宅は一時しのぎではなく落ち着いて長く住み続ける人が増えています。そのため設備や外観など求められる建物の質はレベルアップしています。デザイン性も重要ですが、天井が高い・間取りが広いなど住みやすさも大切です。オーナー側から見ると基礎や外壁がしっかりしているなど耐久性もポイントになります。

管理体制を確認

以前は入居者募集以外はオーナーが管理を行うのが普通でしたが今はほとんどの場合、管理会社に委託するのが一般的です。時間の経過とともに建物が劣化することは避けられませんので、どういった点検・メンテナンスを行うのかを確認します。またクレーム対応や家賃回収などどこまでオーナー業務を代行してもらえるかもチェックします。

リスク管理

アパート経営の最大のリスクは空室リスクです。不動産会社の客付け力も重要ですし、すでに挙げた建物の質や管理体制は空室発生に影響します。この他、災害リスクや入居者トラブルリスクなど、あらかじめ考えられるリスクを想定しておいて、問題が発生した時にどう対処するかを信頼できる不動産会社や管理会社と相談しておくことが必要です。

利回りを考える

利回りは投資額に対してどの程度利益を回収できるかという割合のことですが、利回りの高さだけで物件選びをするのは危険です。よく表面利回りで表記されていますが、空室率や修繕費、管理費を考慮に入れた実質利回りで判断しないと思ったように利益が出ません。できればコンサルタントに相談してしっかりした事業計画を立てることをおすすめします。

以上のようなアパート経営の成功に必要なことについては、このサイト内で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

これからアパート経営を始めてみようと考えている方はよく読んで、理解を深めていただければ幸いです。