新築と中古の違い

ここでは新築物件と中古物件ではアパート経営をする際にどのような違いがあるのかを解説しています。

新築と中古アパートのメリット・デメリット

アパート経営を考える際、購入する対象の物件には新築物件と中古物件という2つの選択肢があります。

単純に価格が高い安いというだけでなく、それぞれ様々なメリットとメリットがありますので、しっかり理解した上で判断することが重要です。それでは両者の違いを比較してみましょう。

  新築アパート 中古アパート
メリット ・顧客ニーズが高く入居者が決まりやすい
・担保価値があるので融資を受けやすく、自己資金が少額で済みやすい
・耐用年数が長く、しばらくは修繕費用がかからない
・税制上のメリットが大きい
・購入価格が安い
・家賃が安定している
・高利回りが実現しやすい
・過去の入居率がわかる
・物件を見てから購入できる
デメリット ・購入価格が高い
・中古と比較した際の利回りが低い
・老朽化が早く耐震性に不安がある
・修繕やリフォームが必要になる
・融資を受けにくくまとまった自己資金が必要になる
・減価償却済だと税制上のメリットが少ない

新築と中古どちらを選ぶべき?

以上のように新築も中古どちらもメリットとデメリットがありますので、一概にどちらが良いとは言えません。

ただ比較表を見る限り、新築のデメリットは購入価格が高いという以外にほとんどないことがわかります。価格は高くても金融機関から融資を受けやすいので、まとまった資金が無い場合もアパート経営が始められると言えます。

中古物件は利回りが高いので上手に運用できれば収益を上げていくことができますが、思わぬところで修繕費用がかかったり、老朽化により長期的な収入が見込めなかったりするので、アパート経営が初めてという場合には不向きかもしれません。

優良な中古物件が見つかれば良いですが、おそらく市場にはほとんど残っていないと考えられます。そもそも収益性が高ければその物件を手放すことは考えにくく、何かしらのデメリットを清算するために手放した物と考えられるのです。

物件購入時の条件も大切ですが、新築も中古もその後どのように管理していくかによって、不動産価値を長く維持していけるかどうかが決まります。

入居者募集から設備メンテナンスまでアパートの管理について相談できる不動産会社をパートナーとして選ぶと賃貸経営が楽になることは間違いありません。

物件購入後の管理・運営もサポートしてくれる不動産会社を紹介しています