メリット

ここではアパート経営を始めるとどのようなメリットがあるのかを整理して紹介しています。

様々なメリットがあるアパート経営

アパート経営というと家賃収入をイメージする方が多いと思いますが、実はそれ以外にも数多くのメリットを紹介します。

新築アパート経営のメリット

新築アパート経営には中古アパートには無いメリットがあります。

家賃が高くても入居者が集まりやすい

一般的に「新築」とは、建物完成から1年未満なうえ、これまで入居が無かった物件にしかない、いわば「ステータス」。このステータスに魅力を感じる人は非常に多く、中には「新築物件じゃなければ住みたくない」という人も。これこそ中古アパートにはない、新築アパート最大メリットと言えます。

少額の資金でも始められる

中古物件に比べて資産価値が高いため、金融機関からの融資が通りやすいため、中には頭金無しで物件を購入するオーナーさんもいるのだとか。購入後は入居者からの家賃収入を中心にローンの返済を進めていくため、出費は最小限に抑えられます。

修繕が不要

一般的に建物完成から10年程度は、大規模な修繕(屋根の防水や外壁の塗り替え、エアコンや給湯器といった各種設備の交換など)は不要と言われています。中古アパートの場合、タイミングによっては購入直後に、これらの修繕が行われるため、思ってもみなかった出費に悩むこともあるようです。

土地や地域の特性に合わせた物件が建てられる

土地を購入してそこにアパートを建てる場合、地域の特性に合わせた物件の設計が可能です。その土地独特のニーズに応えたり、その時点での最新設備を導入したりと、入居者が集まりやすいアパートを建てられます。

アパート経営全般のメリット

これからアパート経営をしたいと考えている方や、始めるかどうか迷っている方は以下のメリットをしっかり把握しておくとよいでしょう。

長期的収入で年金対策

アパート経営は入居者さえいれば、長期に渡って安定した収入を得られます。少子高齢化による財源不足で、受給額が減少されかねない年金を補助する私的年金として活用できます。

生命保険の代わりになる

金融機関から融資を受けてアパートを購入する場合、団体信用生命保険への加入が融資条件となることがほとんど。返済期間中に万が一、契約者が死亡または高度障害状態になった場合は、残債は保険金から返済され、家族の経済的な負担なしでアパートを遺すことができます。

節税効果が期待できる

不動産投資以外に本業を持っている人がアパートを経営することで、所得税や住民税の軽減措置が受けられます。所得税は必要経費を引いたうえで不動産所得が赤字になった再、損益通算を活用することで節税でき、所得税と連動する住民税もこの時に節税できます。

また不動産を相続する場合は、固定資産台帳や路線価などから算出して課税額が決定されるため、現金と比べると約1/3の評価となり、その分の相続税を抑えることができます。

土地が現物資産として残る

区分所有のマンションでは建物が老朽化してしまうと、マンションその物の価値が下がって売却が難しくなりますが、一棟アパートの場合は仮に建物の価値が低くなったとしても、現物資産としての土地が残るため資産価値の大幅な目減りを避けられます。

インフレや世界情勢の変動に強い

インフレが進行すると物価が上昇するので貨幣価値は下がってしまいますが、相対的に不動産の価値が上がります。また、経済状況の変化によって家賃の増額も見込めるでしょう。また、サブプライムローン、ギリシャショックなどの世界情勢の変動に影響されにくい性質を持っています。

以上のように非常に多くのメリットがあるアパート経営ですが、購入後はしっかり管理しないと不動産の価値が下がったりトラブルになったりしますので、管理までしっかりとサポートしてくれる会社とパートナーになることが重要です。

売りっぱなしの不動産会社ではなく管理面でもしっかりサポートしてもらえるところを選ぶことが重要です。

物件購入後の管理・運営もサポートしてくれる不動産会社を紹介しています