アパート経営の注意点とは?

アパート経営をするうえで注意しておかなければならないポイントはたくさんあります。特に気をつけたい点についてご紹介しましょう。

アパート経営で注意しておかなければならないこと

アパートの経営は成功すれば大きな利益を生みますし、反対に失敗すると大きな損失に繋がります。そのため、失敗のリスクを少しでも下げるためにも次のようなポイントに注目していきましょう。

ただ運営しているだけで利益が出るわけではない

アパート経営に期待して不動産を購入した方は、すぐに利益に繋がると思ってしまうかもしれません。しかし、アパートの利益は入居者がいなければ生まれません。

とりあえず物件さえ購入してしまえば後はすべてがうまくいくように感じている方は注意が必要ですね。常に空室を出さずに運営することは非常に大変なことなので、空室が出てしまった場合の対策についても事前に考えておく必要があります。

利用者が住みやすいアパート作りを目指す

アパートの人気を高めて常に空室を出さないようにするためには、経営者側もさまざまな努力をしなければなりません。例えば、「共同玄関が汚れている」といったクレームが寄せられた時に「自分たちが住んでいる物件なのだから、こちらが掃除する必要はない」といった対応をすると利用者からの信用を失う形になってしまいます。

利用者から要望や不満の声などが寄せられた場合にはしっかり対応しなければならないのです。

それが難しい場合は管理会社に依頼するのがおすすめ。ただ、管理会社に依頼した場合には一般的に賃貸収入の5~8%を支払わなければなりません。何部屋も経営している場合、管理会社に支払う金額はかなりのものになりますよね。

しかし、それでも管理会社に依頼した方がクレームへの対応や清掃など細かいことまで対応してもらえるため、空室をなくすことに繋がるのです。管理会社に費用を支払ったとしても空室が出るよりはマシです。できるだけアパート経営にかかる手間を減らすためにも上手に活用しましょう。

管理会社は慎重に選ぶ

管理会社にお任せするといっても、どこを選んでもいいというわけではありません。管理会社によって対応が異なりますし、高い費用を支払ってお任せしているものの、アパート利用者への対応が雑だったり評判の悪い業者もいるのです。

悪質な管理会社に依頼した場合には高い費用を支払っているものの、それに見合った働きをしてくれないところもあります。管理会社にはさまざまな種類があるためどこに依頼すれば良いのか悩んでしまうこともあるかもしれませんが、必ず複数の管理会社を比較したうえで決めましょう。

素人判断をしない

実際にアパート経営を行っている方の中にも、効果的な入居者募集の方法やできるだけたくさんの利益を生むための経営方法について正確には理解していない方も多いです。しかし、だからといって適当に運営をしてしまうと利益を出すのは難しくなってしまいます。

わからないことがあった時に適当に素人判断をしてしまうのではなく、必ず専門家に相談をしましょう。

保険にはしっかり加入しておく

ただ運営しているだけでも年数が経過するにつれて建物は傷んでくるものです。これは様子をみながら補修をしたり、さまざまな対策が取れるでしょう。

しかし、急な災害にはなかなか備えられません。アパートが倒壊してしまえばその後家賃収入が得られなくなるだけでなく、修復する場合はその費用も必要になるでしょう。自然災害は予想できないものなので、地震保険や火災保険にはしっかり加入しておいたほうが安心です。

来るかどうかもわからない地震や火災に備えて費用を支払うのはちょっと…と思うかもしれませんが、万が一そういった事態が発生した時に保険に入っていないと全く対応できない可能性があります。