始める前に知っておきたい!アパート経営の基礎知識

ここではアパート経営を始めるにあたって知っておいたほうがよい基礎知識について解説しています。

様々なメリットがあるアパート経営

アパート経営は収入を得ながら資産形成をする手段として今注目されています。マンション経営のように一部屋を購入して運用するのではなく、一棟買いをして複数の入居者から安定した家賃収入が期待できるからです。

アパート経営には家賃収入以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 長期的収入が得られるため、私的年金として活用できる
  • 万が一のことがあっても家族に資産を残せる
  • 節税効果が期待できる
  • 建物が無くなっても土地は現物資産として残る
  • 融資が受けやすく自己資金が少なくてもできる
  • インフレや世界情勢の変化に強い

このように複数のメリットと始めやすさから、アパート経営を検討している人が増えているのです。

アパート経営を始めるには物件を購入しなければなりませんが、新築と中古どちらがよいか判断の分かれるところです。

どちらも一長一短ありますが、実は新築の場合は購入価格が高いということ以外はあまりデメリットはありません。しかも新築物件は担保価値が高いので金融機関から融資を受けやすく、自己資金は少なめでも始められるのです。

少額の資金で始められると言えばマンション経営がありますが、マンション経営の場合は一室だけが投資対象となるため空室リスクが高く、収益性もアパート経営に比べると低くなります。

収益性ということで考えれば駐車場経営よりも効率がよいですし、投資信託や株式投資など他の投資商品と比べても安定性に優れています。

何と言っても土地が現物資産として残るというのは他の投資にはない最大の特長でしょう。仮に建物が老朽化して取り壊しになっても残った土地の有効活用ができるのは大きなメリットです。

ここで紹介したアパート経営のメリットや他の不動産投資との比較についてはさらに詳しく解説していますので、これから始めてみたいと考えている方は是非参考にしてください。